日本人必見の映画 – 沖縄戦の真実

800 599 Yuramaki

みなさま、こんにちは😊 由良です。

Juma. 教育研究 活動レポート 2021.2.11

・戦争が人間らしい心を麻痺させた。
・戦争の道具となった教育が引き起こした、集団自決。

 私の知っていた沖縄戦

はじめ、この映画を教えてもらった時、私は沖縄戦について何も知らない…?と、頭の奥がスッと冷えました。

沖縄戦、何が起きていた?

私が、社会科の授業で教わった歴史、修学旅行で行った沖縄の体験を思い返すと、ポカリとあいた空洞のように何もでてこないのです。

今になって、私の知っている戦争は、
沢山書かれた、歴史の中の一行を、なぞっただけだった。
はじめてそう理解した。
淀んだ水が詰まった、薄いポリ袋の上に立っているような感触がよぎった。頭の奥が、ぞわっとしたのでした。

1945年に起きていたこと 

私は、Juma.研究メンバーの齋藤さんとドキュメンタリーを見て、これまで感じていた「真実を知らされない」違和感を話し合いました。

生き延びた人の声、
アメリカ軍の記録映像、
それぞれ違う角度の
沖縄戦で本当に起きていた断片🧩を
心の中で合わせていきました。

  1. 沖縄が、日本本土決戦のため、時間稼ぎに使われたこと。
  2. 沖縄島民は、日本軍から本土人と同等に扱われなかったこと。
  3. 沖縄島民は、日本軍vs米軍の完全なトバッチリを受けていたこと。
  4. 当時、日本の誤った軍事教育で、島民にトバッチリを目隠ししたこと。
  5. また、教育が、沖縄人に米兵を鬼畜と思い込ませ、正常な判断を欠かせ自決させたこと。
  6. 米軍が、けして沖縄人を痛めつけなかったこと(これは、島の地理を島民から聞き出す戦略でもあった)。 etc..

語り手の悲しみ、怒りを追体験し深く考える時間。

この映画は、
答えや、見解は一切、語りませんでした。
ただただ、本当に起きたことを、
本音だけを伝えた。

それだけに私の中に深く、ショッキングに刺さりました。

1945から2021年 今、変わらぬこと

沖縄戦の問題は、70年経った今も
形を変えて続いていると
私は感じます。

物理的な戦争は、
目に見えない謀略戦になり。

人間として正常な判断を
失わせる教育は、
ニュースメディアや
日常生活のあらゆる場面で
カメレオンのように溶け込み、
今も続いている。

教育が、時に、人を御す道具として
使われていることも。

(先日、昨今の学年別クラス分けは歴史が浅く、18世紀の産業革命で、行動や習熟度を揃えた労働者育成のために始まった。というのを知ってびっくりしました)

それぐらい、真実を掴むまで
人の心は容易く動き、
書き換えられやすい。
私自身も、そうだった。

悲しいけれど、
肝に銘じておかなければいけない
事実だと思っています。

映画から私が受け取ったもの

それは、世の中と向き合う太田監督の姿勢でした。

報道や権威をなんの疑問もなく信じていないか?

真実を投げかければ、
誰もが自分自身で
「本当はどうしたらよいのか」
答えを出そうとするのではないか?

私たちは、真実
(本当に世界が求めていること、
飾らず嘘をつかない情報、
幸せに向かう)を
追求する姿勢こそ、
いついかなる仕事をしていても
貫くべきではないか?

この姿勢を、私は
私が持って生まれた仕事で受け継ごう。
そう、心の底から
むくむくと感じたのでした。

2021.3.13 追記  戦後の教壇で

SNSで上記を掲載したおり、戦後実際に教壇に立っていた方からコメントをいただきました。当時の教育の変遷を知る貴重な体験談。許可を得て転載いたします。

Aさん
「その通りだと思います。私は 長く学校勤務をしてきました。1974年に学校現場に出ました。その頃は 戦前に間違った事を教えて来たと言う 深い悔いを持って教壇に立つ先輩達がおられました。
しかし 時の流れと共に ジワジワと国が考える方向に沿う 材料を現場に押し付け 目先は変われども 戦前と変わらない様な有り様が 展開され続いています。
また 1人1人の個性を大切にしない在り方は 少しずつ 見直されてきていますが なかなかです。そして 1人1人が 自分でしっかり考え 流されない者になっていかねばならないと 思っています。」

時代の移り変わりの時、実際に教壇に立たれたAさんの言葉。
私の心に深く刺さりました。
そんなことが起きていたのか。先生もそんな思いをしながら伝えていたのか、と情景が胸に迫ってきます。。

わたしも、浅原さんと同じように思います。
人間一人一人が、自分で考え、真実を見つめようとすれば

人を流そうとする教育、情報がいくらあっても
そのまやかしを、根本的に、打ち払うことができると思うのです。
そういった精神を、研いでゆくにはどうしたらよいか。
私はいま、自分にできる範囲から挑戦しています。

 

  ▼ 沖縄戦の他の方の感想もこちらにまとめられております
  https://okinawa2017.blog.ss-blog.jp/archive/c2306199969-1

HANDS
デザイナー/イラストレッスン講師 由良万紀子
JUMA. Creative -global design team-
由良へのデザイン/イラストレッスンご相談はこちら
→JUMA.クリエイティブサービスはこちらから

タイムチケットのオウンドメディア「TimeTicket Life」で紹介されました!
https://life.timeticket.jp/admin/articles/125

Leave a Reply

Your email address will not be published.

jpn/eng»