初めての藍染め

1024 768 Yuramaki

藍染めで始まる10連休。

インナーは二度染。作務衣のような風合い。下着ぽくないのがまたよくて、お気に入り。

服は、色や布地のエキス…エネルギーを身にまとう、着るハーブなんですよね。鉱物染めや、指輪、宝石なんかも、温泉に浸かるのと一緒。

着てる間中、肌から感じ取る…一日中。触ることが大きな入り口な私なのに、長いこと、ことこれについて鈍かったんだなぁって、気づきました。大きな体験です。

夫婦でそれぞれ、染めて、毛色の違いがある。これがまた、た〜のしかった。

旦那さんは、2時間並んで買ったダンスダンスレボリューションのTシャツ。私は、Rungさんのゆるりブラとパンツを染めました。(白いの撮りそこねまして、ウェブからお借りしました)。

買ったその2時間後に藍染する大胆さ。

 

下着の肩紐を「見せ紐」にしたくてかねてから準備。

今回は、SEIWAの紺屋藍を使いました。ハンズで買えます。12通りの染め方つき。

藍染は、大きいバケツ2つと新聞紙でできるので楽ちん。

写真手順付きのキットはありがたい。1800円とは思えない。

しわしわ染め。

洗って、干して、、

 

2時間かからないくらいで、色止めまで全部終わりました。ラク!

今度は絞り染めで、水のゆらぎの模様、、着るとたゆたう気分になるパーカーなんて、作りたいな。

豊かな暮らしが自分で作れる、これって、ほんとに、とーっても素晴らしいですね。ナイナイ探しで、お店をさまよわなくていいわけですから。

しかも、ちょっと手を伸ばせば、できる。時代は良い方に変わってきているなぁ。しみじみ、感じますね。

1 comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

jpn/eng»