Profile

立体造形デザイナー/Self Design Elevation Guide
由良 万紀子 (Makiko Yura)

1987年1月生まれ。東京都内在住。
粘土を使ったオーダーメイドの立体デザイン・撮影、イラストレーション、プレゼンテーションデザイン相談を中心に手がける。
桑沢デザイン研究所 同窓会主催 夏期デザイン特別講座 講師(2016、2017)。
菜食。

▶︎ 今までの学びとヒストリー

東京都市大学 情報メディア学科専攻。
環境マネジメント、ランドスケープ論、メディア論、民族学、社会心理学、情報処理、生態学等を学ぶ。

日本を代表する自動車メーカーのマニュアル編集を経て、デザインの道へ。

桑沢デザイン研究所(多くのファッションデザイナーやアーティストを輩出してきたドイツのデザイン学校「バウハウス」の流れを汲む) にて、夜間部ビジュアルデザインを専攻。

タイポグラファー 小泉均氏、立体イラストレーター 菊池トモヒロ氏、フォトグラファー 鈴木一也氏など、各分野で活躍する先生から示唆を受ける。

卒業後デザイナーとして転向した家庭用ゲームメーカーの仕事で、自分の信念の揺らぎに悩んだこと。プロジェクトや自分、世界の本質を見いだせず行き詰ったことをきっかけに、齋藤セシリアかおる先生と出会い、Self Design Elevation(SDE:元 Artlosophy)を学ぶ。

心のありかたを自覚し、整えると全ての五感表現が変わる学びから、自分のあるべき姿を見出す。
やわらかな手触りを中心に据えて、人間のユニバーサルで原始的な感覚『かわいい』を形にする、立体造形デザイナーへ転向。

現在、自身の学びを普及しようと、タッチングワークで心を紐解くSDEガイドとなる。粘土から心を癒し自身の才能を掴むクレイタッチワークショップや、メモの達人講座なども随時開催中。

jpn/eng»