Profile

デザイナー / イラストレーター / あなたが一番輝く仕事と人間関係を築くコーチング講師
由良 万紀子 (Yura Makiko)

神奈川県横浜育ち。
デザイナー歴8年。
東京都市大学情報学部卒業。読書が好きで、日本が誇るトラックの取扱説明書の編集となる。デザインも手がけたくなり、桑沢デザイン研究所夜間部へ社会人入学。卒業後、日本のゲームがどんどん簡単になっていく一方で難易度を上げていく、骨太な家庭用ゲームメーカーでインハウスデザイナーに従事。

在籍時2年目にして仕事に行き詰まりを感じ、同じ桑沢学園である東京造形大学出身の齋藤セシリアかおる氏より、インド哲学と芸術を掛け合わせた「Art de communication 感性教育」を学ぶ。

人間らしく幸せに生きるためには、全ては、持って生まれた特質を知る自分とのコミュニケーションが土台となって、得意を社会へ役立てる仕事や、他者と心が伝わるリアルなコミュニケーションができる。という考え・コーチ内容に感銘を受け、実践。自身の生き方、イラストやデザインの方向性がはっきりし生きやすくなる。
今も、これを自身の特性を活かしながら世の中に役立てるべく「あなたが一番輝く仕事と人間関係を築くコーチング」として実践し、同氏と研究・バージョンアップしている。

ベジタリアン(菜食)歴7年。
趣味は、鳩の観察と金継ぎ。


提供する業務内容

・デザイン Design
 -コンセプトデザイン
-コーポレートアイデンティティ
 -グラフィックデザイン
-ロゴデザイン
 -プロダクトデザイン
-パッケージデザイン
-Webデザイン

・イラスト Illustration
 -イラストレーション
 -キャラクター/アニメーションの制作

・コーチング Coaching
 - あなたが一番輝く仕事と人間関係を築くコーチング
  「イラストレーターを目指して、夢を実現する習慣を身につける」
 - コーチング×イラストレッスン
  「自分らしい絵でゲームクリエイターを目指す」

・デザインワークショップ Design Workshop
 - 企画/主管/プロモーションデザイン

・金継ぎ  Kintsugi
 - 器やアクセサリーの修繕

感性教育について
今、個人と世界の幸せの重なった社会を創るには、一人一人に豊かな感性が必要です。
感性とは、自己信頼 / フラットに物事を識別・認識する力 / 個性 / 想像力…が1つになった人間の総合力。言い換えれば、自身を深く知り、ロジカルに社会に役立てる、バランス感覚です。
私たちは、理論と実践に基づいて、人間の可能性を引き出す生涯学習コンテンツを制作しています。
*現在 リモートで個人の得意や個性に合わせて学べる、ライトラーニングコース 、スマートフォンアプリを準備中。
Art & Philosophy integration
アート&哲学の融合で
オリジナリティと可能性をデザインする
JUMA.Creative -Global design team-
→https://sdeart.com

経験/実績
・ JUMA.Creative -global design team- Designer (2016〜)

・桑沢デザイン研究所 夏期特別講座 企画主管/特別講師 (2016~)
・プロモーションデザイナー(FROM SOFTWARE – DarkSoulsシリーズ,Bloodborneなど)

事務所名
HANDS デザインスタジオ

代表
由良  万紀子

所在地
東京都豊島区駒込1丁目
サクラのソメイヨシノ発祥の地

私のフィロソフィー

菜食について

健康でいつもご機嫌なら、自分も幸せ、周りも幸せ。どんな信条や宗教の人とも同じテーブルをかこめる。そして環境にも良いので、続けています。始めたのは、蕁麻疹を治すためがきっかけでした。ある日、家のペットでさえとても手間がかかるのに、命を何年もかけて育てた動物の一部が数百円で買えるってどうなのだろう?と違和感に気づいて今に至ります。動物を芋洗いで育てるビジネスにお金を出して「いいぞ、もっと続けてくれ」とやるわけにはいかないなと、すっぱり菜食になりました。
ちなみに、菜食になるだけで、SDGsの7個に働きかけられます。
      

人について

人や人材についての私の考え方です。
人は、社会全体の未来を作る一番のリソース。どんな相手と接する時も、プライベート、面接や、仕事をともにする時、どんな時間も、たとえ彼らが一緒のチームを去ろうとする瞬間にも。私は、常に社会に、地元地域に、業界に、世界に資する人を育てている自覚を持つようにしています。
私も、そして今ここをお読みのあなたも、社会最大の資源の一人であることを忘れてはならない、と。
なぜこれを大事にしているかというと、相手が成長するとき、それ以上に自分が育つからでもあるのです。

ロジックについて

ロジックは、相手を詰めてねじ伏せるためにあるのではなく、自分なりの答えを説得力を持って伝えるいくつかの手の一個。と私は思っています。腹落ちのしていない理論って、乱暴で、心に届かないものだからです。
ロジックと感覚、両輪で、まだ見ぬでこぼこ道も走り出せる。どちらも大事にしていきたいです。

language»