Self Design 講座

「生きる」をデザインする

Self Design Elevation 講座とは

自己啓発とは違う

今、型にはめるような自己啓発本・セミナーが流行っているのは、「はじめに」にあるように、自分の基準や理想の組み立て方がわからない人が、とても増えているためです。

自分の本質に迫っていくには、誰かの作ったやり方や理想に自分をはめ込んでできるものでは到底ありません。

もし、誰かのパターンを万人に当てはめられたなら、今頃、廃業率や離職率はゼロになっているのではないでしょうか?

しかし、わからない、自分の物差しがまだしっかりしていない人ほど、表面的なテクニックや誰かの作った型に、はまりにいく傾向にあります。

(これは、昔の自分もそうでしたので、自戒を込めて。その経験あってこれが書けるのですから、人生に無駄はないものです)

型は、作った人には最適ですが、他の人にとっては体型の合わないズボンを履くようなものなのです。

私たちは自分を知って、自信を持ってぴったり合ったウェア(技術や表現)を選び、まとう力を元々持っています。それを引き出していきましょう。

 

Self Design Elevation (SDE)では、才能・感性を自認して、自分の人生を組み立てるプログラムを準備しています。

大まかなステップはありますが、対話とワークそのものを通して、個性に沿ってカスタマイズするのが基本です。

全てを最初に決めてしまうのではなく、一つ目のワークをした結果を元に、次を組み立て、また二つ目を元に3つ目を組み立て…と積み重ねていきます。

あれもこれもと詰め込むようなことはせず、答えを押し付けず。ご本人が自分を知り、ご自分で気づき答えを出していく時間と体験を何より大事にします。

そういったわけで、SDEはよくある自己啓発とは全く似て非なるものなのです。

Touching Session
(based Self Design Elevation)のご紹介

(現在他ページ作成中です。随時リンクを追加します。)

コース&プログラムのご案内

Self Design Elevation全体の3コース& 4ステッププログラムについて。

体験版 短期セッションのご案内

コースの前に少し受けてみたい方、遠隔で受けたい方へ。

ガイドの役割

ガイドとは、共に歓び歩む人。Touching sessionでのガイドの役割を解説しています。

自己啓発セミナーとは全く異なる理由

SDEは、自己啓発ではありません。根本が全く異なります。その理由をご紹介。

ワーク&セッションスタイル

ワークやセッションはこんな風に行います。

ノウハウやテクニックの前に、まず自分

ノウハウや技術は手段で自分を増幅してくれるパートナー。活かすために、大切なこと。

受講者の声

いただいたご感想の一部をご紹介いたします。

その哲学と理論

直感することを、考え方と言葉で捕まえ、体に定着させる大切さ。その土台について。

癒しが大切な理由

癒しとは、心の成り立ちを紐解くことであり、欲求が満たされること。SDEではそれを出発点としています。

感性と主体性の関係

主体性という大地があって、初めて感性は芽ぶきます。

美術と癒しの関係性

SDEのワークの土台が五感を使ったアートなのは何故なのか、について。

Self Design Elevation TOPへ
jpn/eng»