HANDS Blog

Self designとかわいいプロダクト

Fan Arts(Nu)

1024 1024 Yuramaki

ファンアート「ヌゥ」


旦那さんが15分でラストボスを倒している間に作ったラフのヌゥ。

 

久々に遊んで

RPG「クロノ・トリガー」に65,000万年の時を超えて登場する、シーラカンスのようなキャラクター。最近約20年ぶりに英語でプレイした時、触りたいフォルムだなと思って作ったファンアートです。

全く知らない友達に見せたら、ブルーベリーと言っていたのが印象に残っている。。笑

リアルタイム世代の時は面白いなあで遊んでいたんですが、大人になって遊ぶとその作りの奥深さに、感じ入るところが多々あります。

ゲームという形をとっているから、娯楽で片付けられてしまいそうですが、これはその範疇を超えた作品だと思うんです。

 

“時の引き金”−自分と世界との関わり方、を「時」から大きく描いた作品

 

このゲーム、ご先祖様が不意に亡くなって子孫が消えてしまうタイムパラドックスも、可愛らしいキャラクターでさらっと説明するあたり、表現力がすごい。

650,000万年前に少し変えたことが、未来に大きく響いたり、その逆も然り。。。

自分の”今”の行いが、前後に3世5世と言わず、遠く果てし無く響いていくストーリー。
(作中では、わかりやすくタイムマシンで飛び回ったり、行いそれぞれが大きなイベントになっていますが、根本は同じと言っていいでしょう)

私の先生から聞いたお話で、自分のなすことは、前世9世代〜後世9世代にわたって影響するという意識の通じ方、があります。

素直に、心が感じるままに感情や利己に突き動かされず、必然を掴み取っていく。
そうすれば、今の前後何世紀にもわたって響く…既に埋まっていて芽生えようとする運命の種のようなものの影響を、できるだけ小さくも大きくすることもできる。

このゲームは、運命の可能性と、時を超えて意識を通した生き方を、とてもわかりやすく漫画的に伝えているのではないでしょうか☺️

ヌゥは、説明するのがおこがましいような、いろんなものの底に流れる普遍性を体現しているのかもしれないなあ。
なんて今になって感じたりします(笑)。


*このヌゥは親しい人へ譲りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

jpn/eng»